脳梗塞を改善する【病気治療のエキスパート】

先生

一過性脳虚血発作

転移がんでお悩みのの方へ近年では医療が発達し様々な治療法があります!まずは治療法を知ることの治療の一環です!

現れる症状

男女

脳梗塞は前ぶれ無く突然起きることが多いのですが、本格的な発作の前に約3割の人が前兆といえる発作を起しています。その前兆の発作を一過性脳虚血発作といいます。症状としては片方の手足がしびれたり、急に手の力が抜けて持っているものをポロリと落したり、物が二重に見えたり、片側の視力が落ちてよくみえなくなったりということが一過性に起こり、数分から数十分でおさまってしまう事が多いとされています。欧米の報告では一過性脳虚血発作を治療せず放置した場合3ヵ月以内に10〜15%の人が脳梗塞を発症し、そのうちの半数が最初の2日以内に脳梗塞を発症していることが明らかになっています。一過性脳虚血発作を起した後すぐに受診して検査や治療を始めた場合、その後の脳梗塞発症の危険性を大きく減らせることが様々な研究から分かってきています。

どの対応すればよいか

一過性脳虚血発作の症状のうち「しびれ」は他の病気でも起こります。しかし「しびれ」や「麻痺」が突然、体の半分に起こった時は脳梗塞の可能性いといえます。脳卒中を専門とする医師らの間でこの発作は早期受診、早期治療が必要な緊急疾患であると認識されています。一過性脳虚血発作が数分でおさまったとしても放置せず、一刻も早く受診するようにしましょう。一過性脳虚血発作が起きた後、本格的な脳梗塞を起す危険度は人によってことなりますが、年齢、血圧、方麻痺や構音障害の有無、糖尿病の有無、一過性脳虚血発作の持続時間を確認し、点数化することである程度予測することができます。治療は薬物療法が中心となります。血栓が血流にのって運ばれてきた可能性が高い場合は抗血小板薬が使われます。

症状が出なくても

男女

脳梗塞には細い血管が詰まってしまうラクナ梗塞というものもあります。小さな部位が壊死してしまい症状が出ない人もいます。定期的に脳内を検査して、もしこのような梗塞が見つかれば総合的に脳梗塞を発症しないための治療が必要になってきます。

特徴と注意点

男女

脳腫瘍は脳にできるがんの総称で、できる場所によって細かく分けられます。最も悪性のものはグリオーマと呼ばれ、とても治療が難しいです。脳腫瘍の症状は頭痛とよく似ていますが、とても強く表れることが多いです。

神経膠腫とはなにか

男女

神経膠腫は脳神経を支持する神経膠細胞から生じる脳腫瘍です。症状は数多くありますが、主に頭痛、言語障害や記憶障害などです。診断は神経内科や脳外科での診察とMRIなどによる画像検査によっておこなわれ、治療には手術・放射線療法・化学療法および標的療法があります。