脳梗塞を改善する【病気治療のエキスパート】

先生

特徴と注意点

男女

癌というのは体のどこの機関でもできてしまう可能性がある病気です。もちろん脳においても例外ではありません。脳にできるがんのことを一般的には脳腫瘍と呼んでいます。脳腫瘍は出来る部位によっていろいろな呼び名がありますが、脳腫瘍の中でも最も患者数が多くて最も悪性のものを神経膠腫、別名グリオーマと呼んでいます。このグリオーマが最も悪性だという理由はその成長の仕方にあります。グリオーマは脳の神経にできるがんなのですが、周りの脳の神経に入り込むように成長していきます。このため、手術できれいに取り除くことが大変難しくなっています。これが治療をとても難しくしているのです。最も進行したグリオーマの場合、5年生存率は10%以下と言われています。

脳腫瘍に感染してしまった場合、いかに早く完全に治すかは、いかに早く気づき発見するかにすべてかかっています。そのためには脳腫瘍によって引き起こされる症状というのをきちんと知っておく必要があります。脳腫瘍の症状として主に現れるのは、頭痛、めまい、吐き気です。これらは一般的な頭痛においても引き起こされる症状なので、見分けが難しいのですが、脳腫瘍が原因の場合はこれらの症状がとても強く表れる場合が多いです。例えば頭痛の場合は、ズキズキと響くような痛みであれば通常の頭痛である可能性が高いですが、突然後頭部を何かで殴られたような痛みが襲ってきた場合は脳腫瘍を疑う必要があります。とにかく今までと何か違う頭痛や吐き気、めまいに襲われたら病院に行き検査してもらうことが大切です。